FC2ブログ

禁煙ムードの消滅感

前回のブログ更新は、
去年の7月18日でした。

その後、
妻と10日間ほどイギリス旅行へ行き、
帰ってきてから人間ドックへ行って心臓の異常が発見されました。

そして、
8月末に大手術をして早や4ヶ月、
体調がようやく元にもどりつつある今日この頃です。

随分と更新が遅れましたことをお詫びいたします。<(_ _;)>

その間、
手術の影響だけでなく、
「禁煙」について色々と考えるところもあって、
しばらくの間、このブログから遠ざかっていました。



この頃は、
街でタバコを吸う人を見かけることもめっきり減って、
喫煙者を見るのは車のドライバーがほとんどとなりました。

確かに車の中ならば誰に迷惑をかける事も無く、
好きなだけ吸っていられるのでしょう。

そして、車から降りたら、
きっとイライラとソワソワとして過ごしているのでしょう。

誰にも責められることなく、
人知れず一人でそうした苦労をしている人がたくさんいるはずです。

そうした形で世間との折り合いをつけた喫煙スタイルを続ける限り、

いつまでも高いタバコを買わされ続け、
周りや服や肺を汚し続けて、

人前では自分の息のにおいを気にするけれど、
「車に乗っては一服」の繰り返しの日々を過ごす人々。

それでは僕のブログなんか月の裏側での遠吠えのようなもので、
そういう人達には何百年経っても届きはしないんだなぁと思うと、

ブログ自体の存在意義が虚しくなってきたりしていたのでした。

僕の理想は、
止めたくてもやめられない人達が、
3ポイント禁煙法を実践して、
楽に次々と禁煙に成功していってくれることでした。

しかし、
電子タバコが出回ってそれで気を紛らす人達が増えていき、
車に潜り込んでいる間だけタバコを吸って我慢しようとする人達が増えて、

そうした(禁煙の)絶対的な変化がないままに、
世の中に喫煙者が次第に目立たなくなってきたことで、

喫煙の無意味さや嫌悪感への風当たりも減り、
見栄えの悪さや社会的圧力もすっかり減少した感じで、

見逃され、無視され、気にされなくなり、
ほとんどほったらかしにされて、

逆に、
以前よりそういう人達は、
すっかり自由になってしまったようにさえ感じるこの頃なのです。

「タバコをやめよう!」・「禁煙しよう!」という、
社会のプレッシャーも弱まり、妙な住み分けが進んでしまって、

社会の禁煙へ向かう傾向が薄れてきている感じがするのは、
僕だけでしょうか?

変化がすっかり止まってしまった感じがするのです。

「誰にも迷惑をかけなければ、いいじゃないか!
 放っといてくれ!」

「自己責任でやってるんだから好きにすればぁ。
 放っといてやればいいジャン。」って感じで、

関心が薄れ、放置してしまって、
「禁煙傾向が進まない社会」になってしまった気がするのです。

「他人は他人。自分は自分。」と、
すっかり分断されてしまったような感じです。

「止めなきゃいけない。」・「止めたい。」、
「恥ずかしい。」・「みっともない。」、
「体裁悪い。」・「恰好悪い。」・「馬鹿げてる。」といった、

そんな禁煙ムードがどこにもなくなった気がするのです。

こうした何が何でもタバコを止めるべきだという考えは、
個人の嗜好に対する迫害で、個人の自由に対する侵害でしょうか?

たとえ「タバコが健康に100%悪い。」と言えないとしても、
「誰にも迷惑をかけないなら、良いじゃないか!」という人がたくさんいたとしても、

僕はあくまでも、
「タバコは無価値で、無意味で、人間には不必要な物。」という考えを広めたいのです。

それが僕の原点だと今更ながら思うのです。

しかし、だからといって、
このブログは力になっているのでしょうか?

何だか、
また「虚しい病」にかかってしまったようです。

頑張らなきゃだめですよねぇ!( ̄д ̄;)

どっからツッコミを入れていくか、
すっかり作戦の練り直しですじゃ。ハッハッハッ(^o^)/


次回もよろしくお願いいたします。

※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! 

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
         にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。

無価値!

タバコが身体に良い訳がないというのが、
真実なのか、単なる思い込みなのかが、

だんだん分からなくなってきました。

だって、武田邦彦先生(科学者)は、
人間の生活に、ある程度の発がん物質があった昔の方が、
 統計的には癌の発症率はかなり少なかったのは事実である。
』と、
自信を持って持論をおっしゃっています。

確かに、そういう統計事実があるのだとしたら、
発がん物質に対する認識も全く違ったものになってきます。

人間と発癌物質の付き合い方も、
根本から考え直さなけれならないのかもしれません。

オリンピックが来るからと、
小池のおばさんは人気取りも兼ねてでしょうけど、

東京都内を完全に禁煙にすることに決めたようです。

まあ、
タバコの煙を嫌がる人達に配慮するとすれば、
少し強制的過ぎる感じもしますが分かる気もします。

そういった両論のどちらも否定しないとすれば、
タバコというものの位置づけは、

『発癌性と関係があるなしに関わらず、
 嫌がる人達が大勢いるのでとりあえず禁止します。』、
というスタンスに落ち着くのでしょう。

ただ、
僕の持論はそれとはちょっと違っています。

確かに、
自分は喫煙したくないし、
タバコの煙は嫌いで不愉快であるのは事実ですが、

タバコを吸いたい気持ちもわかるので、
強制的にやめさせるというのは正しくないと思っています。
(※それは、「個人の自由」であるのだから。)

僕の思いは要するに、
タバコの価値を認めることが出来ない。』ということです。

タバコにどんな価値があるのか、
どう考えても分からないのです。

賛成の意見も反対の意見も、
それぞれの人達が言ってる事はわかります。

でも、その事とは別に、

僕はタバコの存在のメリットが理解できないのです。

だから、反対というか、
「あんなものすぐになくなってしまえ!」と思っているのです。

この世にタバコがあることで、
何か良いことがあるのだろうか、と。

汚れる・不快・ムダ・不健康・火事の危険性などという、
デメリットしか感じられないために、

「一日も早く、皆がやめた方が良いですよ。」と言いたいのです。

癌との関係は、正直言ってわかりません。

タバコをやめたからと言って、
僕は、ナ~~~ンにも困りませんでした。

だから、
「意味無いから、みんなやめましょう!」って感じです。

それだけです。(^^)/

タバコを吸ったからといって、すぐに癌になるとは思わないけど、
大切な人が嫌がることは早くやめちゃいましょうよ。<(_ _)>

それでは、ちょっと悲しい気分になる名曲です。<スターダスト☆レビュー「木蘭の涙」>


次回もよろしくお願いいたします。

※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! 

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
         にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。


憧れと勘違いの日々

何度でも言うけれど、

僕が若い頃は、
タバコは一種の憧れで、格好良いことで、

大人っぽくて、粋なことだった。

だから、
咳き込みながらタバコを吸い始めたし、
胸が焼けるように痛かったけど何度も試して、

頭がクラクラしたけど我慢した。

途中で、
「ホントにこんなの、良いことなんだろか?」って何度か思ったけど、
やめようとまでは思えなかった。

そのうちに、
咳き込まなくなってきたし、
胸の痛さも慣れてきた。

頭が痛くなることもなくなってきたし、
少しずつ格好良くなってきた気がしたものだ。

女の子が僕をまるで大人を見るような目で見てくれるようになったし、
自分でもそんな自分が悦に入っていて、

少しでも格好良い、気の利いたライターを見せびらかしたいと、
そんなクソみたいな理由でいつもライターを探していた。

今思えば、馬鹿だった。

誰も止めなかった。

僕はいい気になってハイライトを吸い、
大人になった気分で紫煙に目を細めたりしていた。

のべつまくなしにハイライトを吸いつづけて、

毎日、喉がいがらっぽくなって、
それ以上吸えなくなってからベットで目を閉じた。

今思えば、僕は恥かしいほどバカだった。

つまらない物に憧れて、
無駄に身体を汚し、

家中の壁を汚し、服も楽器も車も何もかも汚し、

スラックスに穴を開け、
車のドアを焦がし、
絨毯に何度も焦げ跡をつけて、
指はいつも黄色くニコチン臭かった。

何かステキなことをしているような気になっていて、

薄っぺらに格好つけて、
中身ではなく形だけで大人になろうと背伸びをして、

今思えば、
どうしようもないほど馬鹿だった。

今の若者は、
もうタバコなんかに憧れないだろう。

言葉は悪いが、
今吸ってるのはやめる気をなくしたオッちゃんかオバちゃん。

それに、
周りに喫煙者が居たために抵抗感がなくて、
ついついはじめちゃったニイちゃんとネエちゃん達くらいだろう。

そして、
これからはじめるのは、
ヤンキーか蓮っ葉なズベ公くらいしかいないだろう。

良い時代になったと思う。

本当に良かった。

今の若者が何に憧れるのかわからないけれど、
タバコにだけは手を出さないでほしい。

いまだに「喫煙の権利」なんてこと言ってる大人もいるけれど、
そんな奴は、ほっとけばいいんだ。

あと何年位で、
タバコを吸っていた事が笑い話になる時代が来るのだろうか。

その時、僕はもういないかもしれないね( ̄(エ) ̄;)


さあ、完全禁煙、ガンバです!!


じゃあ、今月の音楽のプレゼント。
(こんな頃の、きれいな肺にもどりたいで~す。
憧れのツリーは僕より小さくなってしまった。
もうそろそろ、現実をしっかりと見つめて生きていこう。そんな気持ちを込めて!)( ̄д ̄;)


次回もよろしくお願いいたします。

※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! 

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
         にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。

結局、オシャブリでしかないんだって!!

タバコ吸ってる人は、
当たり前のように「タバコがやめられない!」って言うけれど、

タバコを吸ってる人はほとんどが大人だから、

その(吸ってる)姿は一見、
「大人なりのすごい。いや、大人なりのもっともらしい理由がありそうに見える。」んだけど、

でも、僕は思うんだ。

「それはタバコなんじゃないでしょ!」って。

単に口びるが寂しくて、
「オシャブリがやめられない。」ってだけじゃないですか、って。

この頃、どう考えても、
やっぱりそうとしか見えないし、思えないんだ。

だって、
タバコは甘いわけでもないし、
特別美味しいわけでもない。

吸ったからってものすごく快感があるわけでもないし、
格別ワクワクするっていうわけでもない。

ただ単に、
くちびるの寂しさを埋めるために、
手軽になんかくわえないと物足りないから、

ついつい、くわえてしまうってだけなんだよ。

それが真実だって、つくづく思うんだ。

吸ってる姿はあくまで大人の姿で、
大人なりの、もっともらしいやめられない理由がありそうに見えるんだけど、

結局は、単に、
口びるの寂しさに耐えられない、

そんな「甘ったれた」、
「意義も」、「意味も」、「プライドも」無い、
単なるおしゃぶり癖に過ぎないんだって。

信号で並んだ隣の車のオジチャンも、
大切なものをたくさん運んでるらしい大型トラックのアンチャンも、

別に特に綺麗でもないのに、すかした態度で運転してる若いネエチャンも、

それぞれいっぱしの大人のくせして、
「オシャブリがやめられないんだねぇ。」って思ったら、

悲しくて、馬鹿みたいで、みっともなくて、
だんだん腹が立ってくるんだ。

大人って言えば、
無条件に子供達の憧れの存在で、

何十年も生きてきたはずで、
人間的に自分を成長させ続けてきたはずじゃないですか。

「タバコがやめられない。」って言うと、
もっともらしく聞こえるけれど、

実際には(理由は)口ざみしいだけで、

意外と単純で、つまらない、
本当にくだらない理由だけだって思うんだ。

『禁煙免許』(その2)に書いたけれど、

大の大人が、
単なる唇の欲求に過ぎないものに振り回されてるに過ぎないんだよ。

今回はちょっときつい言い方になったかもしれないけど、
この頃つくづくそう思うっていうのは事実なんだ。

ねぇ、こんな考え方って間違ってると思う?

だから、
やめるのも、本当は簡単なハズなんだよ!!!!

では、皆さん、
完全禁煙、ガンバです!!(^o^)/

早く、やめちゃいましょ~よ!

じゃあ、今月の音楽のプレゼント。



次回もよろしくお願いいたします。

※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! 

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
         にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。

出発点

「原点」にもどって考えてみた。

僕が最初に本気でタバコを吸ったのは、
二十歳の春だった。

どこかに待ちかねていた気分も確かにあった。

とうとう、誰に気兼ねなく吸ってみることができると、
その年齢になった事を喜んでもいた気がする。

今思えば笑っちゃうのだが、

誰に勧められるわけでもなく、
自分から進んでタバコへと近寄っていった。

春、いよいよ、
タバコのにおいがする大学の食堂で、

僕は覚悟を決めて自販機の前に立った。
(※大学の食堂に、タバコの自販機が普通にあったのだ。)

何を買ったんだっけ?

どうせ、どれがどれだか考えてもわかんないし、

何を買ったらいいのかわからないから、
とりあえず適当に選んだんじゃないかなぁ。

パッケージの色とか(^.^;)、値段を頼りにしてね。

その時の気持ちを思うと、
妙に悲しくなるし、馬鹿げていて笑っちゃう。

怖いもの見たさでもあったし、
多くの人が次々と吸いはじめているので、

自分も早く大人の仲間入りをしなきゃと思ったんだろうねぇ。

ライターはどうしたんだっけ?

確か、同じように100円ライターの販売機があったんじゃなかったかな、

はじめて火をつけて、恐る恐る吸ってみた。

煙だもの、そりゃむせるさ。

でも、周りの連中に気づかれないように我慢して、
小さく抑えて咳き込んだ。

初心者だと気づかれたくなかったんだ。

嫌な、苦い味が口の中に広がった。

そりゃそうだ、元々、煙だもの。( ̄(エ) ̄;)

そして、もう一度(吸う)。

肺の奥まで少し届いて、
胸が一段苦しくなる。

それでも、時間を置いてもう一度(吸う)。

美味しくなんか、ゼンゼン無い。

口の中はイガイガで、
胸は何とも言えない圧迫感が残っていて、

もしかしたら、煙を吸ってる自分が、
バカなことをしてるのかもしれないとも思った。

自分にはタバコが合わないんじゃないかとチラッと不安になる。
(タバコを平気で吸える大人にはなれないんじゃないか、と。)

一日目は、それで終わり。

ほんの数分、数センチ吸っただけで歴史的な一本は灰皿へ捨てた。

二本目を試す気には到底ならなかった。

母親に見つからないように家へ持って帰り、
翌日も、再挑戦をした。

一体僕は、あの時、何のためにあんなことをしたんだろう。

時代のせいだろうか?

見栄で虚勢を張りたかったんだろうか?

それが大人だと思っていたからだろうか?

それとも、
単に考え無しの若者だったからだろうか?

早く一丁前になりたかったんだ。

馴れるまでに何ヶ月もかからなかった。

少しずつ味を考えるようになり、
吸いやすい味と好きになれない味を区別するようになり、

食堂だけでなく歩道でも歩きタバコは自由だった。

でも、
別にそれで1ミリも「大人」になったわけでもなかったし、
それまでの自分と何も変わらなかった。

親からもらった身体をはじめて自分で汚し始めただけだ。

煙くて、いがらっぽくて、胸の奥にタールを入れて、
咳き込まなくなっただけで、

人知れず、
いっぱしの大人になったと僕はほくそ笑んだかも知れない。

しみる煙に目を細めて吸う自分の姿が、
きっと格好が良いはずだと勝手に思い込んでいた。

今思えば「単なるバカ」に過ぎない。

最初、あんなに煙たくて、苦しくて、気分が悪かったものが、
何も気にならなく吸えるようになっただけで、

厄介なものを背負い込んだことにはまだ気づいていなかったし、
少々得意にさえなっていたかもしれない。

そうやって罠に落ちた僕は、
次第にタバコが生活に欠かせないものになっていった。

大学へ入ってしばらくして、
タバコを吸うようになった僕に気づいた母親は、

「タバコ吸うようになったの?寝タバコだけは気をつけてね。」と、
それだけしか言わなかった。

それが僕の20数年に渡る「長い回り道」の始まりだった。

大学へ入ってからの様子は、
2017年12月18日の回「ウッドストック世代」に書いた通りです。
3pointnosmokerule.blog27.fc2.com/blog-entry-178.html

何か昔を思い出して、
少し悲しい気分になってしまった。┐(´(エ)`)┌


では、皆さん、
完全禁煙、ガンバで~す!!!(^o^)/


それじゃあ、今月の音楽のプレゼント。(^o^)/


次回もよろしくお願いいたします。
※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! 

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
         にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。
合言葉
ブログ看板 喫煙はニコチンの中毒ですのコピー
Time now.
MENU
過去の記事もご覧ください

全ての記事を表示する

言葉の力
NEWS
オールドメディアの信頼できない記事を扱うのを止めます。より信頼のおける情報源が見つかりましたら、ここに添付してご活用いただく予定です。
ご質問などのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報
FC2カウンター
プロフィール

Lonelystardust

Author:Lonelystardust
 長年吸ってきたタバコをやめるのに「根性」だけで乗り切ろうとしても大変な努力が必要です。でも、禁断症状のモヤモヤにも、タバコが吸いたくなる口ざみしさにも、ちゃんと解決策があります。
 このサイトを参考にして、あなたも楽に、苦しまないで「完全禁煙」を達成してくださいね。

大好きなブログのご紹介
若者に始めさせない!
タバコは20才になっても始めない!  
ブログQRコード
QR
Botchecker
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー