FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな戦利品

 このごろ、
外でタバコを吸っている人の姿をほとんど見なくなった。

そのかわりに、
車でタバコを吸っている人を見る機会が増えて、
それがやけに目につくようになった。

僕も車に乗ってはいるけれど、
もちろん、もう何年も吸っていない。
 
そして、
この頃、車の中で吸っている人を見るたびに、
思うことがある。

今回は、
そのことを書いてみたい。

僕の心は、長い間に少しずつ変化してきていた。
 
そのことに、この頃はっきりと気づいたのです。



昔、何度目かの新車を買う時、
トヨタ車からホンダ車に変えた時のこと。

いざ契約となった時に、
セールスの人に聞かれた。

「灰皿、使います?」

最初、
質問の意味がわからず、
聞き直してしまったが、

要は、
「タバコを吸わないなら、
 コンソールの灰皿を、あらかじめ小物入れに変えることができますよ。」
という意味だった。

その時は、
(さすがにホンダは進んでる。)って思ったものです。

僕はもちろんちょっと誇らしげに、
「いや、使わないから、灰皿の場所は小物入れに変えて。」 と言った。

でも、
貧乏性だから、使わないくせに車のライターはそのままもらった。

それ以来、
車を買うたびにライターソケットは電源ソケットに変えて、
ネズミ取り用レーダーや女の子と過ごすためのムード照明、
携帯用の電源などの取入れ口となった。

そして、
書斎の飾り棚に、
「戦利品」のように新車のライターがたまっていった。

今年買ったヨーロッパ車も、
ドリンクカップ型の灰皿がついてきていて、
どちらにでも使えるようになっていた。
 
つまり、
灰皿を外せば、単なるドリンクホルダになる仕組みだ。

おそらく、
ヨーロッパ社会でも販売店は、
客のニーズに苦慮しているだろうことがうかがえる。

もちろん、僕は灰皿をはずして、
ドリンクホルダーとして使っている。
 
そして灰皿は、
書斎の棚に置いた。

何個かは下取り車につけて出してしまったので、
今残っているのはこれだけだが、

車載ライター


最初は、
「戦利品」というタイトルで、
たまったライターの記事を書こうと思っていた。 

でも、
そんな自慢話より、
僕の本当に言いたいことはかなり複雑なことだった。

長文になると思うけれど、
今の偽らざる気持ちなので、
良かったら読んでみてください。

いまだにタバコを止められないでいる人には、
ちょっとキツイ言い方になるかもしれません。



昔の僕は、
くわえタバコ姿を男らしいと思っていた。

男らしくて、たくましくて、
ちっちゃい事にとらわれない、
真の大人の男の人のように見えていた。

特に、
くわえタバコで車を運転しているような人はとっても素敵で、
あこがれるような気持ちさえ持っていた。

しかし、
今はどうだろうか。

僕自身が禁煙をはじめて長い月日が経ってしまった現在、
タバコを吸っている心理は多少なりとも理解はできるけれど、

はっきり言って、
頼りがいのある、
しっかりとした大人のようにはけして見えない。

いくら考えても、
タバコごときが我慢できずに、
 やめられない・やめようとはしない。」

そういう、
こらえ性のない、
タバコの存在について冷静に考えようとしない大人にしか、
どうしても見えないのです。

そりゃ、
タバコを吸うのは権利かもしれない。
 
個人の自由だし、
「人間性」にはなんの関係もないことなのかもしれない。

でも、やっぱり、
僕はそんな人を信頼ができない。

つまり、
タバコを吸っているような人を、
本質的にもう信頼できなくなっているのです。 

禁煙して25年、
僕の気持ちは完全に変わってしまった。
 
そういう人達と普通の人付き合いはできるだろう。

笑顔を振り向けることもできるだろう。

でも、
心の奥底では「認めない」状態になってしまっているのです。

タバコなんてくだらないものを我慢できずに、

「車の中ならだれにも文句を言われないだろう」と、
いまだに吸っているその姿に、

「意識がひどく遅れている」生き方を見てしまうのです。

同じように、ブログで
禁煙~日目です。まだ頑張って続けてま~す。」なんて自慢をしている、

禁煙何日目自慢の人達も、
はっきり言えば同じように見えます。

つまり、
禁煙に対する意識や覚悟や決意は、
「止める。」か「止めないか。」しかないのです。

中間などなくて、
日数などでもなく、
白か黒かのようなものです。

僕の場合、
「タバコは吸うべきものでない。」と確信した途端、
それは変わらない事実となったし、

後は、それをなんとか実行に移すしかないと思った。
 
だから、
禁煙をしていることは自慢のネタではないし、
「中間」の考え方なんかないのです。  

禁煙をはじめて100日も200日も経ってまだ、
「頑張ってま~す」なんて言ってるその能天気な甘さが、
実は、全く意味が分かりませんし、信じられないのです。

「何を、いつまでもくだらない自慢を続けてるんだ。
 それより、早く完全にやめる気になれよ。」って。

(本来、禁煙は)何の自慢にもならないことだし、
それを自慢気に思ってる意識自体が、
とっても恥ずかしいことだとなぜ気づかないのか。

 何か偉いことでもしてると思っているのか。」と、、、。

つまり、
禁煙は、「やる」か「やらない」かしかないのです。


僕の飾り棚には、
禁煙の戦利品として数個の車載ライターや灰皿が飾ってあります。

しかし、
本当の「禁煙の戦利品」は、
心の中に固まった「タバコに対する強い憎しみ、嫌悪感」なのかも知れない。

タバコ自体も、
タバコを吸う人も、
タバコを売る人も、
タバコに寛容なこの社会も、

僕は心から強い蔑み(さげすみ)と嫌悪感を感じられるようになった。

そのことが、
最大の戦利品」で、
そのことが 今はとてもうれしいのです。
 
タバコは、
止めるか止めないか迷うようなものではなくて、

人にとっては、もうとっくに、
害でしかない不必要なものになっているのです。

そのことが感じられるかどうかが、
心の転換点だと思うのです。


では、次回もよろしくお願いいたします。
※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!!ガンバ、東北!!

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
        にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。

comment

Secret

合言葉
ブログ看板 喫煙はニコチンの中毒ですのコピー
Time now.
MENU
過去の記事もご覧ください

全ての記事を表示する

言葉の力
NEWS
オールドメディアの信頼できない記事を扱うのを止めます。より信頼のおける情報源が見つかりましたら、ここに添付してご活用いただく予定です。
ご質問などのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報
FC2カウンター
プロフィール

Lonelystardust

Author:Lonelystardust
 長年吸ってきたタバコをやめるのに「根性」だけで乗り切ろうとしても大変な努力が必要です。でも、禁断症状のモヤモヤにも、タバコが吸いたくなる口ざみしさにも、ちゃんと解決策があります。
 このサイトを参考にして、あなたも楽に、苦しまないで「完全禁煙」を達成してくださいね。

大好きなブログのご紹介
若者に始めさせない!
タバコは20才になっても始めない!  
ブログQRコード
QR
Botchecker
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。