FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡(2)

≪前回からの続き≫

「どうして吸いたくなるのか。」っていう気分をさぐっていくと、

次第に「口ざみしい」という感覚があることにも気づくようになった。

つまり、
いっつも口にくわえていた物がないと、
人間はなんとなく寂しいというか、

なにか物足りなくて、なにか手もちぶさたで、
「喪失感」のようなものを感じるようになるんです。

それについても、「なんで?」って考えてみた。

いつも口にくわえていたものがなくなってしまうと、
「何がどう違うんだろう?」

「そうだ!」

「(くわえてないから)違うところは、口びるに圧力(圧迫)を感じない。」というとこが違うんだ。

つまり、
「口びるを圧迫する物が無い。」という感覚が、
どうやら物足りない感覚が生まれる正体らしかった。

でも、もしそうだとしたら、
「替わりになる圧力があればイインジャネ!」って思ったんです。

それで、
「口びるへの圧力だけが問題なら」、
「圧迫する感覚だけでいいのなら」と、

似たような形の紙の筒を作ってくわえてみたんです。

最初はたしか、
目の前の机の上にあったコンビニのレシートだったと思います。
 ※途中をセロテープで巻いて留めてくださいね。

それを丸めて口にくわえてみたんです。

するとどうでしょう!!

何の変哲もないただの紙の筒で、
気持ちがすごく落ち着いたんです。

タバコを吸いたいと思っていた気分が、
スッと消えてしまいました。

つまり、
「オシャブリの原理」だと思うんですけど、

タバコのことは忘れてないんだけど、
どうしても吸いたいっていう気分は忘れられたんです。

そして、
そのまましばらく仕事をしましたが、
ぜんぜんストレスは感じませんでした。

つまり、
何も困らないんです。

それで、
ブレイクスルーのようなものを感じました。

「なんだ、なんかくわえてればいいんだ。」 \(^^)/

なんのストレスもないから、
タバコが気になる間はずっと紙の筒をくわえてました。

そして、
吸いたいっていう気分がしなくなった時に、
(タバコのことが気にならなくなった時)
紙の筒を口からはずしたんです。

でも、
全然ストレスなんか残りませんでした。

※そこで、また一つ気づいたのです。

「口ざみしい喫煙の気分は、タバコに似た形のものをくわえるとほぼごまかせる。」




久しぶりにタバコを吸うと、
インパクトが少し強く感じることがありますよね。

ある日、
「それにも何か意味があるんじゃないか」って思ったんです。

たとえば風邪で喉が痛くてタバコを休んでいた時とか、
すごい本数を吸い過ぎて喉がいがらっぽくなって休んでいた時とか。

しばらく吸わない時間があいたような場合です。

手元にタバコがなくて少しの間我慢していた後とか、
仕事が長時間続いてしばらく吸えなかった時とか。

そんな時に、
久々に吸うと、馴れているはずのタバコがきつく感じるんです。

「いつものタバコのキツさ自体は変わってないハズだから、
 それをキツく感じる原因は『身体』の方にあるんじゃないか。」って、
そう思ったんです。

それで、
「もしかしたら、タバコから遠ざかっている間に、
 身体が多少なりとも健康になってる?」

つまり、
「喉や肺の健康状態が少し改善されたから、
 いつものタバコでもキツく感じるんじゃないんだろうか。」って。

同じタバコなのに、
ニコチンやタールを強く感じてしまうのは、
そのせいじゃないかって。

これが「自然治癒力があるんじゃないか。」っていう発想です。

久々に吸うと前より強く感じる。

これは、
「身体が多少、元にもどってんじゃないか。」

「身体はいつでも、自動的に健康を回復しようとしている。」

それなら、
いつものタバコが強く感じるなら、
「そんな時に弱いタバコを吸ったら、それでも満足できるんじゃないか。」

コロンブスの卵です。

弱いタバコで満足できるなら、
それを少しずつ繰り返していけば、

最後には、
ものすごく弱いタバコでも満足できちゃうなんてことが、
起こるかもしれない。

すごく軽いタバコなのに、
ちゃんとタバコを吸ってる気分が味わえるようになるかもしれない。

そんなことを考えたんです。

それで、
実際にやってみました。

ちょっとだけ軽いタバコを買ってきて、
(※ニコチンとタールの量を見て探しました。)
身体を馴らしてみたんです。

ちょっと軽いだけだから、
最初は物足りなくてズパズパ吸います。

そして、その結果、
当然のように喉を傷めます。(^^;

でも、
そのために吸う間隔が空くことになるから、
それが好都合にはたらくんですよ。

喉が痛い間、吸うのを少し休んでいたら、
その間に軽いタバコで満足できちゃう自分ができちゃうんです。

軽いタバコに馴れたら、
次の軽いタバコを探します。

そのタバコにも馴れたら、
さらに軽いタバコを探します。

そうやって少しずつ軽いタバコに変えていくと、

最後には軽すぎて(インパクトがなさ過ぎて)、
タバコなんてどうでもよくなってくるんです。(^^)/

(※でも、あんまり急いじゃだめですよ。
  長く吸っていたタバコには、それなりの歴史があるんですから、
  身体が馴れるのにも時間はある程度かかるんです。
  十分に自分の身体になじんだなぁ、って思ってから次の段階へ進みます。)

つまり、
最後にはタバコから得るものが、
自分にとってほんのわずかなものになってしまうんです。

吸う意味がなくなっていくと言うか。

吸わなくてもたいして困らない、と言うか。

(※その際、タバコの香りの好みってものがありますので、
 できるだけ似たような香のタバコにするとやりやすいですよ。)

※新しい気づき

「身体は、少しだけ軽いタバコにはやがて馴れてしまい、似たような満足感を得られるようになる。」


強いタバコを一気にやめるのには、
禁煙のストレスが大きすぎます。

そんな時は、
少しずつ軽いタバコに変えていって、
やめやすくするっていう効果が期待できるんです。

タバコのニコチン一覧表を作ったのはそういう意図があったからです。

でも、
しばらく更新してないので、
そうとう古くなってしまいましたね、ごめんなさい。

そろそろ新しくします。<(_ _)>

この頃は、
タバコのパッケージにニコチン量が表示されていませんよね。

あれって、卑怯だと思います。
やめにくくする原因物質(ニコチン)の「濃さ」を隠してるってことですから。

では、
禁煙を頑張ってください。




またまた長くなってしまいましたね。

少しは参考になりましたか。

詳しくは、
右上の『禁煙免許』(その1)、(その2)、(その3)をご覧ください。


では、
今回も長い記事を最後まで読んでいただいて、
本当にありがとうございました。

では、次回もよろしくお願いいたします。
※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!!ガンバ、東北!!

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
            にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。g

comment

Secret

合言葉
ブログ看板 喫煙はニコチンの中毒ですのコピー
Time now.
MENU
過去の記事もご覧ください

全ての記事を表示する

言葉の力
NEWS
オールドメディアの信頼できない記事を扱うのを止めます。より信頼のおける情報源が見つかりましたら、ここに添付してご活用いただく予定です。
ご質問などのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報
FC2カウンター
プロフィール

Lonelystardust

Author:Lonelystardust
 長年吸ってきたタバコをやめるのに「根性」だけで乗り切ろうとしても大変な努力が必要です。でも、禁断症状のモヤモヤにも、タバコが吸いたくなる口ざみしさにも、ちゃんと解決策があります。
 このサイトを参考にして、あなたも楽に、苦しまないで「完全禁煙」を達成してくださいね。

大好きなブログのご紹介
若者に始めさせない!
タバコは20才になっても始めない!  
ブログQRコード
QR
Botchecker
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。