FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジック

5月6日に、
うれしいニュースが入った。(この程度で喜んでちゃダメなんだけど、、、。)

販促の「おまけ」中止=財務省の警告受け―たばこ各社(時事通信)

 たばこ大手各社が、コンビニエンスストアやスーパーで販売促進活動の一環と
して配っているコーヒーのクーポン券など「おまけ」の提供を2016年末で中
止することが6日、分かった。

 財務省から「法律違反の恐れがある」との指摘を受け、業界団体の日本たばこ
協会が加盟社に対し、年末までに景品提供をやめるよう要請した。たばこは、国
内首位の日本たばこ産業(JT)が4月から主力ブランド「メビウス」の全銘柄
を10円引き上げ440円にするなど、値上げが相次ぐ。喫煙者にとっては新た
な「逆風」となりそうだ。


 たばこ事業法36条は、財務相の認可を受けた小売価格以外でのたばこ販売を
禁止しており、値引きを認めていない。以前から、たばこ各社が街角のたばこ店な
どを通じて、ライターや灰皿といった関連グッズをおまけとして渡す例はあったが、
財務省は問題視してこなかった。
 しかし最近では、たばこ販売の中心となっているコンビニやスーパーなどで、たば
こ各社の販促キャンペーンが過熱。缶コーヒーやタブレット清涼菓子、ティッシュな
ど現物のおまけに加え、いれたてコーヒーなどに店頭で交換できるクーポン券を配
るケースも増えていた。 
 
 こうしたおまけの拡大に対し、財務省は「実質的な値引き販売に該当すると認め
られる場合、たばこ事業法違反となる恐れがある」と、たばこ協会に警告。協会は
これを踏まえ、景品を使った販促の自粛を決めた。




問題は、
この担当省庁が、「財務省」でしかないこと。

だってタバコでしょ?

どうして「厚生省」は何もしないのかにゃ~ぁ?(-"-)

国民の健康より、
「実質的な値引き販売だから、違法!」って、
何、そのアプローチ?

訳わかんないしーッ!!

「ゲキオコ・プンプン丸だぞぉーッ!」って、かなり古い!!




で、
本題に戻します。

今回は、
最近、僕が僕自身について気づいたことを書こうと思ったのです。

結局、
僕が望んでいるのは(禁煙する人を増やすために一番良いのは)、
「タバコの映像やイメージを、一切世間に見せない。」ことじゃないかと気づいたんだ。

つまり、
「世の中には、タバコなんてものは存在してない。」感を演出するってこと。

一切、タバコに関する映像・写真・会話をなくす。

今でも直接的な映像CMや看板等は禁止されてるけど、

それをさらに進めて、
「タバコなんてものは、一部のマニアだけが、
 どこかで密かに吸ってるもの」感を社会が徹底すること。

もちろん、
店頭にタバコの箱を並べるなんてことも一切やめる。

さらに、
買った客に渡すときは必ず紙袋に入れて、
中のタバコのパッケージが他人には見えないようにして渡す。

あの、例の、
男の子が恥ずかしくてなかなか堂々と買えなかった箱みたいに、、、。( ̄(エ) ̄;)

AVビデオや、ロリコン・ゲームの売り場みたいに、
カーテンで仕切ったブースの中に入っていかなけりゃ買えないシステムを採用する。

さらに、
人前でたばこやパッケージを見せて歩いたら罰金刑。(3000円くらい)

TVでは、
タバコを吸ってる場面は絶対に流さない。

映画もR指定みたいに、
M指定(モクモク指定)とか、S指定(スモーク指定)を決めて、

見る人はタバコ映像が含まれていることを覚悟して見るとか、
あるいは意図して見る場合に限ることにする。

勿論、
視聴する年齢制限も設ける。

JTは、CMを一切禁止。
(あの嘘くさいCM、ホント腹立つ!!”思いやり”は、まずお前が持てよ!って。)

JTが日本にあることも公(おおやけ)にしない。

洋画も、
喫煙シーンがある映画は上映禁止。

過去の喫煙シーンのある映画は、
放映禁止かM or S指定 。(SM指定ではないから、誤解しないで。)( ̄д ̄;)

絵画も、
喫煙する姿がある絵は展覧を禁止。

自分で書いてて、
怖くなってきたけど、、、。


そんな感じで、
社会のどこを見渡しても、
タバコなんてものは目に入らない状態にできれば、

何年か後には、
みんなタバコのことを忘れてしまうんじゃないか。

そう思ってるらしいんだ、僕は。
きっとそういうことが僕の理想なんだろうなぁ、って。

そんなことを考えていたら、

5月4日の夜7時台、
TVでマジックとその種明かしをやってるので見ていた。

きっと全国で、
たくさんの子ども達も見ていただろう。

するとテーブルマジックで、
たくさんのタレントが取り囲んでいるテーブルの中央がアップになった。

そしてその中心に、
小道具としていきなり「タバコと100円ライター」が大写しになったんだ。

その途端、本当に僕にはそれが、
まるで少し前に犯罪の凶器に使われた血染めのナイフが置かれたように見えた。

それは今言った、
僕の意識と真逆の映像。

たくさんの子ども達が全国で見ていようとお構いなしで、
日本中で視聴者のまさに注目が集まる瞬間に、

タバコとライターの大写しが映っても、
「別にイイじゃん!」みたいな社会に、
やっぱり問題があるって思った。

そういうわけで、
僕の胸はしばらくドキドキしてた。

そうした手品業界やTV業界のいい加減さが胸につき刺さって、
一気に打ちのめされたような気分になった。

見てると、
マジシャンはタバコに火をつけ、
当たり前のように口にくわえる。

普通に吸って手品を披露し、

その種明かしが超スローで長々と再現されて、
当たり前のことのように終わった。

どうしてこうなんだろう。

タバコメーカーでさえタバコを大写しにしたCMなど作れない時代に、
なんでなんの関係もない番組で、
一番注目が集まる瞬間に「タバコとライターが大写し」なんだろ。

全国の視聴者が注目する瞬間に、
平気でたばこを吸う映像を大写しで流すんだろう。

テレビ局の誰かが、
「これは、やめよう」って言わなかったのだろうか。

「今の時代に映す映像じゃない。」って思わなかったのだろうか。

僕は、
「だめだ、こりゃ。」って思った。

TV局がこの程度じゃ、まるで文化的じゃないド素人集団じゃないか。

テーブルマジックの世界が、
普通にタバコを小道具に扱ってたとしても無理はないし、
マジシャンはそういう世界で生きているのだろうことは十分に理解できる。

しかし、
TV業界は、
社会や時代を先取りして人々を導き、
より良い社会を目指す存在じゃなかったのかい。

TV局のスイッチャー以前に、
番組企画の段階でこんなことは止められたはずなのだ。

しかし、
そこ(TV局)には結局、単なる俗物しかいない。

たいして問題ないとしか考えない、
単なるそこら辺のオヤジが偉そうに何人もいるだけ。

意識とか映像というものの影響や大切さが、
改めて僕にはわかった気がした瞬間だった。

あんなものを当たり前のように社会に見せたらいけないんだよ。( ̄д ̄;)/


完全禁煙、ガンバです!!!

  ※コメントをいただく度に、めったにない事なので、
  うれしくて、とても励みになります。
   でも、あんまり返信できませんが、これからも
  頑張りますから、許してくださいね。 <(_ _)>ペコリ

では、次回もよろしくお願いいたします。
※左上の menu.1.2.3 に、くわしく禁煙のやり方(=3ポイント禁煙法)を
記してありますので、 どうか合わせてご覧ください。

ガンバ、禁煙! ガンバ、節煙!! ガンバ、東北!! ガンバ、熊本・九州!!

ブログを応援して、下のマークのクリックをお願いします。
  にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  人気ブログランキングへ(* ̄T ̄*)ッ
        にほんブログ村
そして、よろしければ本気で禁煙したいと思っているお友達に、
このブログのことをお伝えください。よろしくお願いいたします。

comment

Secret

合言葉
ブログ看板 喫煙はニコチンの中毒ですのコピー
Time now.
MENU
過去の記事もご覧ください

全ての記事を表示する

言葉の力
NEWS
オールドメディアの信頼できない記事を扱うのを止めます。より信頼のおける情報源が見つかりましたら、ここに添付してご活用いただく予定です。
ご質問などのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
FC2カウンター
プロフィール

Lonelystardust

Author:Lonelystardust
 長年吸ってきたタバコをやめるのに「根性」だけで乗り切ろうとしても大変な努力が必要です。でも、禁断症状のモヤモヤにも、タバコが吸いたくなる口ざみしさにも、ちゃんと解決策があります。
 このサイトを参考にして、あなたも楽に、苦しまないで「完全禁煙」を達成してくださいね。

大好きなブログのご紹介
若者に始めさせない!
タバコは20才になっても始めない!  
ブログQRコード
QR
Botchecker
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。